薬とは何か。 薬はどうあるべきなのか。
DVDBOOK『薬へのプロムナード』
DVDBOOK『薬へのプロムナード』
医薬の根底にある思想を探して、世界各地を訪ね歩いた記録。あまり紹介されていない貴重な史料・エピソードが数多く収められています。

【タイトル】 薬へのプロムナード
【仕 様】 A5判 DVDブック(ボックスケース付き)
  [DVD:54分/日本語/NTSC]
  [冊子:88頁/オールカラー]
【 ISBN 】 978-4-900960-34-3
【定 価】 5,000円(税別)
【発売日】 2012年09月3日
【出版社】 株式会社アイカム

自然は、なぜ人の病を癒す物質を準備しているのか。

生と死が隣り合った黒死病の時代
医療と科学が出会ったヨーロッパの医学校
祈りの中に死を迎えるホスピス
人体を知るために始まった解剖学
有効成分を抽出・合成する近代医学
デカルトの心身二元論
スピノザの神
クロード・ベルナールの「実験医学」
ブールハーヴェが始めた臨床医学・・・

医薬の源流から現代医学まで、古今東西、薬の哲学を散策する。

■D V D よ り
■本 の 内 容
●序文 株式会社アイカム会長 武田純一郎

●シナリオ『薬へのプロムナード』
 1章 西安の生薬市場から
 2章 1720年マルセイユのペスト
 3章 現代医薬の戦い方がもたらしたもの
 4章 科学的医療はどこから始まったか
 5章 心身二元論に始まる近代科学
 6章 臨床医学の始まり 全体へのまなざし
 7章 科学的医学は部分へ
 8章 なぜ万物が薬になりうるのか

●協力クレジット
●製作スタッフ
●制作ノート

 ・迷い道
 ・ベルナールに乾杯
 ・ペスト史跡を訪ねて
 ・撮影許可のコツ
 ・ドイツが東西に分かれていた頃
序文 より(抜粋)
私たちは、長く生命科学映画を作り続けてきた。

現在主流になっている西洋医薬ばかりではなく、数千年の歴史をもつ漢方やアーユルヴェーダー医学・・先人の知恵として伝えられてきた薬もある。 病を知ることは、いのちを知ること。薬を知ることは、人間の証を知ることではないだろうか 。

「どう生きるのか」という問いは他の生物にはない。その問いが、人間の理性の誕生までつながっているのではないか。 医薬の根底にある思想を探して、近代科学の基礎になったデカルト、ゲーテ、スピノザ、臨床医学を拓いたというブールハーヴェ、クロード・ベルナールの実験医学も訪ねた。この映画はその結果である。

これは、映画屋だからこその多面的な視点から世界各地に訪ね歩いた、いわば、薬の哲学散歩、お楽しみいただければ幸いである。
DVDBOOK『薬へのプロムナード』のチラシ(PDF) 商品ご購入にはこちらのチラシ(PDF)をご利用いただくと便利です。
必要事項をご記入後、 お近くの書店にてお申込みください。

商品に関するお問い合わせは、株式会社アイカム まで
TEL:03-3960-9611(代表)
FAX:03-3960-9866
e-mail:sales@icam.co.jp